FC2ブログ

日常生活から研究生活まで気づいたことを書いてます。自分の意見に責任を持って世に発信する、顔の見えるかたちでの意見交換を目指したブログです。

英語の文章

科研費の基盤の方はだいたい書き終えたんだけど、新学術の方がまだ全然終わらない。

執筆途中で、共著で学会発表するからという英語要旨が届いて、それの添削に時間がかかったというから、、、というのは言い訳。
チャレンジングな課題(萌芽ではないけど)を書いているので、いろいろ調べごとがあって、全然進まなかったんです。

ちなみに、送られてきた要旨は共同研究している先のM1の学生さんの文章なんだけど、やっぱりいろいろ気になって、細かく修正を入れてしまいました、笑。
Andで文章が始まるところが、、、う〜ん、やりがち。
先に日本語で文章作ったみたいで、日本語の文章も添付されていたんだけど、それを見ろというのか、笑。
たしかに、それを読まないと文章が理解できないところも多くて、日本語なければ修正難しかったとは思う。

それにしても、、、、私は日本語下書きを1度もしたことがないので、いや1度くらいはあったかな?、、、始めから英語で書くように指導されたので、先に日本語で下書きって違和感。
結局、日本語で下書きしてもそのまま直訳で英語にするとおかしくなるし、だから二度手間なだけというのが私の感覚なんだけど。
というのは、日本語文章を利用して英語文書をアレンジしたりとか、逆もしかり、それをやると必ずぼろが出るんだよね、直訳バレバレで変な文章、笑。

とはいえ、学生時代や若き頃に、私のよくわからない英語を修正してくれた指導教官や関連先生には感謝。
絶対文章分かりにくかっただろうし、、、何言いたいのか、毎回推測しながら修正するってかなりエネルギー使うだろうから、それでも日本語で下書きしろとは一言も言ってこなかった、そんな先生たちは本当凄いと思う。

なので、どんなに分かりにくい英語が来たととしても、それは学生が頑張って書いた文章であれば、私は頑張って読もうと思う、、、論文のレビューアーとしては別だけど。
たまに、レビューアーが文章修正してれるからと適当な英語で書いてくる人がいるけど、あれに関しては文章書き直せと冷たくあしらいます、もちろん、笑。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

柳川 由紀

Author:柳川 由紀
職業は研究者です。
どこかに所属している研究者としてではなく、一人の研究者あるいは一人の人としてのブログですので、所属はあえて書きません。

植物を材料として、タンパク質をベースとした研究をしています。特にユビキチン・プロテアソーム依存的なタンパク質分解がらみの現象に注目しています。また、最近はプラズマの植物利用にも興味を持っており、工学との融合研究も進めています。

写真はかなり古いやつなので今とだいぶ雰囲気違うと思いますが、載せるならやっぱりこれかなって思い選びました。
私が持っているのは、アメリカ在住時に釣った大西洋の北の方にしか生息していないブルーフィッシュという魚です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぽちっと押してください。
最新記事
最新コメント
コメントは実名あるいは私が個人を特定できるニックネームでお願いします。
Authorやコメントしてくれる個人が不快になるようなコメントは、削除させていただきます。なお、その気になればコメントした方を特定できますので、皆さんを不快にさせるコメントはなさらないようにお気をつけくださいませ。
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

実名でお願いします。 匿名でのメールはお断りします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる