FC2ブログ

日常生活から研究生活まで気づいたことを書いてます。自分の意見に責任を持って世に発信する、顔の見えるかたちでの意見交換を目指したブログです。

旅行その2 (阿寒湖温泉へ)

阿寒湖温泉に3泊しました。

普段は涼しいらしいのですが、始めの2泊は暑いこと暑いこと。
といっても、最高気温が27℃くらいですが、、、、でも、普段涼しいところなので、レストランにクーラーが入ってなかったり、さらには扇風機さえなかったりと、逆に暑かったです。

最終日は逆に寒~ってなって、これがいつもかという感じ。
これなら、クーラーいらないよね、と納得。

ちなみに、釧路市内から阿寒湖温泉までの移動はピリカ号という観光バス。
摩周湖、屈斜路湖、硫黄山にも行けました。

まずは摩周湖。
11)摩周湖

ここも霧に覆われていることが多いということでしたが、奇跡的に霧のないきれいな湖でラッキーでした。

硫黄山。
12)硫黄山

屈斜路湖。
13)屈斜路湖

クッシー発見。
14)くっしー

阿寒湖に到着。
15)阿寒湖看板

16)阿寒湖陸から

阿寒湖の観光船の乗船場にこんなのが。
17)-1船のりばのキャラクター?

これに乗りました。
17)阿寒湖の観光船

18)阿寒湖風景船

マリモの展示がある島に立ち寄りました。
19)きゅうるり島

20)まりもたくさん

21)巨大マリモ

大きくなりすぎると破れてまた小さな球状になるそうです。
22)やぶれたマリモ

ちなみに、阿寒湖温泉には無料の巡回バスが走ってました。
23)阿寒湖温泉の無料バス

遠くに見えるのがエコミュージアム。
24)エコミュージアム外

中はこんな感じ。
25)エコミュージアムの中

ここでマリモの説明を聞きました。
ちなみに、ちなみに、お土産用のマリモは輸入した同種(DNAレベルで同じだそうです)の緑藻を養殖して、それを丸めているとのこと(笑)。
阿寒湖のマリモは天然記念物なので取ってはいけない、というのが理由。
ここでそんなことしゃべっちゃっていいのかな、と思いましたが、、、正直なんだな。

アイヌコタン。
26)アイヌこたん入り口

コタンとはアイヌ語で集落とかそんなだそうです。

フクロウが守り神らしい。
27)アイヌこたんの中

アイヌコタンの外の通りにこんなの発見。
28)ふくろうの車止め?

丹頂の里にも寄りました。
29)丹頂センター

愛嬌のあるマナヅル。
30)愛嬌のあるマナヅル

丹頂。
31)丹頂その2

32)丹頂2

景色もきれいでした。
33)つるセンターからの景色

食べ物を撮影するのはあまり好きではないのだけど、、、何じゃこれ、と思ったので思わず。
34)わさびラーメン

海苔に文字が書いてある~。

ちなみにこれは「わさびラーメン」というもの。
丸いのが鳥団子で、その左上にある白い山がわさび。
で、すっかりわさびのことを忘れて、白い固まりをぱくっとしたら、、、ツーんと大変なことに。
思わずスープに全部といてしまったら、今度はスープが辛くて麺も辛く、、、、涙流しながら食べました、笑。

などなど、いろんなところに行ったり、見たり、楽しかったです。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

柳川 由紀

Author:柳川 由紀
職業は研究者です。
どこかに所属している研究者としてではなく、一人の研究者あるいは一人の人としてのブログですので、所属はあえて書きません。

植物を材料として、タンパク質をベースとした研究をしています。特にユビキチン・プロテアソーム依存的なタンパク質分解がらみの現象に注目しています。また、最近はプラズマの植物利用にも興味を持っており、工学との融合研究も進めています。

写真はかなり古いやつなので今とだいぶ雰囲気違うと思いますが、載せるならやっぱりこれかなって思い選びました。
私が持っているのは、アメリカ在住時に釣った大西洋の北の方にしか生息していないブルーフィッシュという魚です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぽちっと押してください。
最新記事
最新コメント
コメントは実名あるいは私が個人を特定できるニックネームでお願いします。
Authorやコメントしてくれる個人が不快になるようなコメントは、削除させていただきます。なお、その気になればコメントした方を特定できますので、皆さんを不快にさせるコメントはなさらないようにお気をつけくださいませ。
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

実名でお願いします。 匿名でのメールはお断りします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる