FC2ブログ

日常生活から研究生活まで気づいたことを書いてます。自分の意見に責任を持って世に発信する、顔の見えるかたちでの意見交換を目指したブログです。

表現力

現代ビジネスの記事が、確かにそうだなと思ったのでシェア。

「研究費をばらまけ」と言ってはいけない本当の理由
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00057913-gendaibiz-bus_all&fbclid=IwAR0etvQ4UvmWXQLDxti-Iwr9NA4x1leeWTkELrx9-iNH4dJKdTU3Pud2NYM

100%その通りだ、とは言えないけど、概要は間違ってはないなと思いました。確かに、私たち科学者・研究者は行間を飛ばして話してるから、、、たぶん、無意識に自分達しかわからない当たり前を言わないで話してしまうのかとは思います。

自分達の環境をよくするには、世の中に分かってもらうことが今の時代は不可欠です。
でも、相手にきちんと意味が伝わらないと効果がないどころか、逆効果になってしまうかと。
もう少し表現の仕方を勉強していかないとな、と考えさせられました。

とはいえ、間違ったことを言いそうだから発言しない、では本末転倒。
間違えたら訂正すれば良い、だから、間違いを恐れずにどんどん伝えていくことはもっと大切かと思います。
みんなで声をあげていきましょう!

困るわ

科研費の申請システムがどんどん変わってやりにく〜。

特に、分担者の機関承認というのがね。
他機関のは速攻承認してもらえたんだけど、なぜか所内のが遅れている。
も〜、それがないとpdf作れないんだけど、、、で、所内のpdfでの仮提出が来週あけなのに、まだ未承認で、、、これが律速になって仕上げられない。
担当者がバタバタでそこまで手が回らないんだろうけどね。
便利にしようとしたんだろうけど、結果的にこのシステムよろしくないと思うんだけどな。

も〜、困る〜。

どうしたものか

最近は朝ご飯、夕ご飯と私が作ることにしたのだが、、、、いろいろ問題。

特に、夕ご飯が、、、、帰宅するとおかしな料理が出来ている。
あれだけ作らないでと言っているんだけど、、、、母のいい分は、楽させてあげようかと思って、なんだけど、楽どころか後始末と料理の作り直しでむしろ時間がかかり、正直ありがた迷惑になっている。

今日も、、、帰宅したら、おかしな味のみそ汁が出来ていて、とても飲めない。
ので、鍋を洗って作り直し。
さらに甘納豆レベルに甘い金平牛蒡が出来ていて、、、、砂糖を何度も入れてしまったらしいが、さすがに食べられない。
とはいっても、もったいないなと、お湯で何度か洗い直して味付けなおし。
まあ、まだ焦げてなかっただけ今日はましなんだけど、金平牛蒡を作るとだいたい鍋を焦がして真っ黒焦げの代物が置いてあるので、、、帰宅してすぐに鍋の焦げ落としから始まるというのも多々あり。

なので、一昨日も、昨日も同じことを話し合って、分かったとなったんだけど、次の日になると忘れちゃうんだよね。
で、作らないでというと、また怒こりだす、、、そして、今日もまた同じことを話し合い。
でも明日になったら忘れちゃうんだろうな。
そして、また帰宅すると、、、このエンドレス地獄からは逃れられないのか。

今日は帰宅途中に電話があって、それで金平牛蒡とか言っていたので、作らないでといったんだけど、電話を切ったら忘れちゃったみたい。
で、コンロの上には出しの粉がこぼれていて、とかとか掃除が大変。

何もしてくれなければ、帰宅して30分くらいでご飯食べられるんだけど、、、そんなこんなで、ひと騒動あって、今日もご飯食べ終わったのが10時半。
ぜんぜん楽にならないどころか、絶望感しかない、笑。

他人だったらむしろもっとドライでいられるんだろうけど、親子だから起こることなのかもしれない。
こんなこと、もしヘルパーさんを頼めたところで対処できるわけはなし。

これいつまで続くんだろう。
母が寝ると、ほっとすると同時にやるせなさも出てくる。

いや〜、親が歳を取るってこんなに大変だったとは。
これからどうなるのか、考えても仕方ないし、、、、考えると恐ろしいから考えないでおこうと思う。

興福寺

奈良の興福寺の中金堂が300年(301年?)どっちなんだろうか、ぶりに再建だそうで、、、、気になる〜。

https://www.asahi.com/articles/ASLB2551PLB2PLZU002.html

私が奈良にいた頃は土台があっただけで、いつできるんだろうかという感じでした。
今度奈良に行く時には、足を運ばないとな。

ノーベル賞は嬉しいが

今のアカデミアの状況は末期だよ、、、というのを世の中もだいぶ認識して来たのか、アカデミアの現状を伝える記事が出るのはありがいたい。

またまた馴染みの方が出ています。
https://www.asahi.com/articles/ASLB2567GLB2PLBJ00C.html
会員でないと読めないみたいだけど、さわりで状況分かるかと思います。

ノーベル賞受賞者も
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35997230S8A001C1MM0000?n_cid=NMAIL007&s=0

NHK News webでも
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0913.html

もう分かっているよ、という人も多いかと思いますが、言い続けなければ"満足なんだ"と勘違いされて、もっとひどくなってしまうと思うのです。
言い続けてなんとかこの程度、もっともっと声をあげないといけないんだな、とつくづく思います。
プロフィール

柳川 由紀

Author:柳川 由紀
職業は研究者です。
どこかに所属している研究者としてではなく、一人の研究者あるいは一人の人としてのブログですので、所属はあえて書きません。

植物を材料として、タンパク質をベースとした研究をしています。特にユビキチン・プロテアソーム依存的なタンパク質分解がらみの現象に注目しています。また、最近はプラズマの植物利用にも興味を持っており、工学との融合研究も進めています。

写真はかなり古いやつなので今とだいぶ雰囲気違うと思いますが、載せるならやっぱりこれかなって思い選びました。
私が持っているのは、アメリカ在住時に釣った大西洋の北の方にしか生息していないブルーフィッシュという魚です。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぽちっと押してください。
最新記事
最新コメント
コメントは実名あるいは私が個人を特定できるニックネームでお願いします。
Authorやコメントしてくれる個人が不快になるようなコメントは、削除させていただきます。なお、その気になればコメントした方を特定できますので、皆さんを不快にさせるコメントはなさらないようにお気をつけくださいませ。
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

実名でお願いします。 匿名でのメールはお断りします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる